SEOとスタイルシートの関係などの考察

更新ネタ「2」です。

今やSEOはアフィリエイトサイト・商用サイトでは常識となっていますが、
『SEO対策とは一体どうすればいいのか?(SEOに対する真偽・仮説の検証)』
『SEO対策はどこまでなら許されるのか?(スパムに値する基準)』
について考えます。

更に、スタイルシートを使って、
『検索エンジンから見てもスパムとはみなされないSEOの方法』
を考えます。

知っている人も多いかもしれませんが、Googleではこれから検索エンジンスパムを行っているサイトを排除する方針を具体的に進めるようです。

以下の記事を参考にしてください。
hyperposition.comの記事
japan.internet.comの記事
SEMリサーチの記事

アフィリエイトリンクがマズイ。
自動登録のリンクに登録するとマズイ。
とか色々言われているようですが、、、。

今はアフィリエイトサイト・商用サイトではほとんど誰でもSEOをやっているが、SEOそのものが検索エンジンにとってはスパムだと。
しかし、それらがすべて“意図的なSEOかどうか”を判断できるはずはないのでスパムとみなされるわけではありません。
例えば、これからH1タグを使っているサイトがそれだけでスパム扱いされるかというと、それはありえません。H1タグはSEO効果がある以前にHTMLの基本文法の1つだから。
こういうことから考えると、まずスパムとみなされることはない正統的なSEOの方法があることがわかります。



ということで、スタイルシートを使った正統的なSEOの方法を1つ紹介します。

検索エンジンはページの最初の100文字程度を重要視すると言われます。
また、最初の方に出てくるリンクの方がクロールされやすい傾向にあるようです。

今までは上から下へ、左から右へ、書かれている通りの順番で表示されるものでしたが、スタイルシートを使っている時点で検索エンジンが見るページと実際に人間が見るページは異なりますので、それを利用してページのデザインを崩さないまま最初の100文字に重要なキーワードや文を持ってきたりですとか、拾ってほしいリンクを持ってきたりすることもできます。

例えば、我々がIEとかで見る時にはページの下部に表示されているのに、それをソースでは最初の100文字の中に入れることもできるわけです。

他には、メニュー構成で主部分を先に読み込ませたいからメニューを右側に持ってこなければいけないとか(その逆も)、それも自由にできることになります。

具体的には、positionのabsolute(絶対位置)とかを使って位置を自由に決めてやればOKです。そのためには、ページの幅(width)を数値で固定(700pxとか800pxとか)にして、左寄せにしてやると色々な不都合が出てきにくいので楽かと思います。
ブログでやっている方も、下記サイトなどを見て知っておくとカスタマイズに便利だと思います。

position: absolute(relative); top: xx; left: xx;
float: left(right); clear: left(right);
overflow: xxx;
z-index: xxx;
display: xxx;

この辺を使えば色々できます。

CSSを知らない方にはまったくワケのわからない説明となってしまい申し訳ありません。
このブログはそれの専門ではありませんので、私が説明するよりもそれ系の専門サイトを見た方が早いと思います。
ということでおすすめサイトを紹介します。

http://css.eweb-design.com/

このサイトはとても好きなサイトでして、スマートに項目ごとにまとまっていますのでわかりやすいと思います。
不十分なところなどはとほほさんのサイト

http://www.tohoho-web.com/css/index.htm

などを見れば問題ないでしょう。

overflow,z-index,display,visibility,などは使い方に注意してください。
下手するとマズイですので。

GoogleはストリクトなHTMLを好むとかの意見もありますが、スタイルシートが出てきているせいでHTML的に文法の流れが正しいサイトもなにもなくなってくるんですよね。(H1→H2とか)
(その辺のGoogle含む検索エンジンの対応は不明。)



ちなみに検索エンジン上位表示の方法についてはよく議論されるものですが、それは正しいとか間違っているとか、その真偽にのみ注目されがちです。
しかし、それは仮説(の段階)だからこそ価値があると私は思います。

100%断言できる方法とは、いわば当たり前のことであり、絶対に確かめられる術があるものです。それは知らない人に教えてあげる場合には良いですが、わざわざ議論するものではありません。100%断言できる内容でありしかも研究家にも役立つ情報とは、内部の人からしか漏れることはありません。
しかしそんなことがあるのかと言うと…、↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0502/17/news072.html
しゃべったことでGoogleをクビになったパターンです。
このように誰もクビになりたくはないでしょうから、一般の人にまず漏れることはないです。

だから我々一般人はどうすればいいのかと言うと、一応その道の専門家の方が調べた『事実』と『それに関する98%は間違いないだろう仮説』をありがたく頂戴すればいいわけです。





タグ:CSS
blog by ハヤ 2005年05月29日 | コメント(4) | SEO・アクセスアップ
 
この記事へのコメント
以前書き込みさせていただきました、さとしです。
私が運営しているサイトは
ブログ4サイト・WEBが1サイトです。
WEBのサイトでページラングが4あったので、そこを起点にブログ4サイトをインデックスさせていました。集客方法は主に、ビックワードと各ページのスモールワードを取り入れた手法です。
この方法を利用して、1サイト100程度の集客を得ていました。
ですが、5月24日頃全てのサイトが、グーグルからの集客を失いました。
スパム行為はとくにしていないと思っていたのですが、考えられることとして、「ドアウェイページ」というものにひっかかってしまったのかもしれません。
または、グーグルの仕様変化ですね。
ハヤさんはこの時期に同じようなことは感じられませんでしたか?(実は落ち込んでます)
今後のグーグルの動向でアフィリエイターにとっては死活問題になりますね。
これからも更新楽しみにしてます。
私はこれから、次の作戦に乗り出す予定です。
ハヤさんのブログはいつも勉強になります。
Posted by さとし at 2005年05月30日 03:31
どうもさとしさん^^

ん〜、それだけで外されることはないとは思うのですが、、、。
ドアウェイページと言ってもmetaや.htaccessで別のページに飛ばしていたわけではないですよね?

私はその時期ではありませんが、先月〜今月頭くらいにトップページ以外の全ページがはずされています^^;

仕様変化だと思いますがね〜。最近すごいグーグルダンス激しいようですし。それに今はページランク情報も消えていて、本当に最近のGoogleはよくわからないですね。
Posted by ハヤ at 2005年05月30日 12:05
ご返事ありがとうございます。

そうですが、やはりご指摘通り、
仕様変化かもしれませんね、泣

最近のグーグルはほんとにわからないですよ、泣

これからも更新がんばってください。
Posted by さとし at 2005年05月30日 13:13
ありがとうございます。

PRは復活したようですね。
Googleについてはこれからも動向を見ていくしかないですね。
Posted by ハヤ at 2005年05月31日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力] 12文字以内

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【 アクセスアップの方法 】
Yahoo!リスティング広告
Yahoo!の検索結果に表示させるPPC広告です。インターネット集客の基本で、稼いでいる人の多くが行っています。Googleアドワーズに比べて審査が易しいのもポイント。
【 稼げるASP(アフィリエイトプログラム) 】 ASP登録はすべて無料
アフィリエイト B
後発ながら、今となっては有力ASPの1つ。スーパーアフィリエイターの多くが使用しており、実は稼ぎやすい仕組みと条件がそろっています。 最低支払額は低く、承認も比較的早い。 複数サイトの管理もOK。
アクセストレード
広告主の数は多め。ジャンルが幅広く使いやすい。モバイルにも対応しており、稼ぎやすいASPの1つ。
アフィリエイト の ジャネット
広告主も多く、振り込み手数料「無料」で支払ってもらえる。 成果もリアルタイムで確認可能。 複数サイトの管理もOK。
【 ブログ型サイト構築ツール 】
WordPress、MovableType
ブログ・CMSを貴サイトに導入できるツールです。これで管理も簡単に。
【 SEOテンプレート 】
賢威5.0
使っている人が多い有名なSEOテンプレートです。長期的に上位表示できる見栄えの良いサイトを作ることができます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。